テーマ:料理

カレーは偉大だ

カレーほど懐の深い偉大な料理は少ないのではないか。 かつて40年以上前、自炊を始めたころは、カレーでさえ料理の本を見ながら作った。 ただ経験から学んだことは、まず「それだけで十分に美味い野菜スープを作り、その中にカレールーを割って入れれば美味いカレーが完成する」ということだった。 さて今、わざわざ手間をかけて美味いカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カレーは偉大だ

カレーほど懐の深い偉大な料理は少ないのではないか。 かつて40年以上前、自炊を始めたころは、カレーでさえ料理の本を見ながら作った。 ただ経験から学んだことは、まず「それだけで十分に美味い野菜スープを作り、その中にカレールーを割って入れれば美味いカレーが完成する」ということだった。 さて今、わざわざ手間をかけて美味いカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血圧を計ったら

最高が9mmHg下がっていた。 前回、計ったのは半年余り前。健康診断のときだった。 ちょうどその前後に、「病の起源」というテーマのNHKスペシャルか何かで、塩分と脳卒中の関係について放送しているのを見て以降、減塩に心がけるようになった。 番組によれば、脳卒中は、「全世界の人類の死因の第一位」であり、その原因は塩分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

料理の基本

の一つは、マメである、手抜きしない、ことだろう。 テレビの料理番組で、シチューなどの煮込み料理を作るとき、名人のシェフがマメに灰汁を掬っているのを見て思ったことだった。 下ごしらえの際には、材料の大きさを均等に切る、ないし煮えにくさの順に、大きさは逆に煮えにくいものほど小さく切る。そして、煮汁の中に入れていく。 カレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本蕎麦のスパゲティ風

脱醤油レシピの一つ: 醤油は嫌いではない。 むしろ好きではあるが、「日本料理は醤油に依存しすぎている」とも思う。 ある名言にして迷言に、 「刺身は、醤油のツマである」 というのがある。 つまり、「調味料にすぎないのに、醤油の味が強すぎて、魚種が違ってもみな同じ味になってしまう」という面がある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キッシュって、

こんなにプリンみたいなのも有り? と思ってしまった。 今日、仕事場近くの店で食べた日替わりのキッシュは、ほうれん草とベーコンのキッシュだったが、外はカリッと焼けているのに、生地の中のほうは市販のカスタードプリンみたいになめらかで、やわらかかった。 20年余り前、ニューヨークに住んでいた頃、ホームパーティなどに行く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サバを焼く人

このところ食べ歩きが趣味のようになっていて、今夜も初めての店に入ってみた。 2・3日前にやはり初めて入った店のリベンジ(?)感から、焼き物は「トロ鯖」を頼んだ。 2・3日前に入った店では、刺身は安くてうまかった(平目とタルイカが、ともに単品で280円)が、鯖の塩焼きはうまくなかったのだ。直火でなく、フライパンかホイルに巻いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三食、ラーメン

だった。と、昨夜遅く、ラーメンチェーン「日高屋」で気づく。 (朝は、トーストだけだと寂しいが(ハムやウインナがないので)あった魚肉ソーセージを載せオーブントースターで焼く。インスタントコーヒーが切れたので、紅茶を飲んだ、二杯も。) 昼はインスタントの味噌ラーメン。豚バラ肉薄切り、白菜たくさん、エリンギを入れて煮込んだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しょっぱい酒

料理酒なんて、めったに使わない。どんな味か気になって一口飲んでみた。まずい。それに、しょっぱい。と思ってラベルの成分を見ると、「食塩」が入っている! 冷凍から戻した安いビーフを使おうと、シチューの素がないのに、作りかけてしまった。味見してみると、やはり肉が硬い。いつかレストランで食べたときは、ビーフがとろとろだったことを思い出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラーメンのスープは残すものか?

ラーメンのスープがまずかったことは、昔、東京生活を始めて失望したことの一つである。 ふるさと徳島では、「ラーメンはスープも味わうもの」と思っていたのに、東京ではまずくて残さざるを得なかった。周りを見ると、ほかの人も皆そうしていた。基本的に、スープは残すものだったのだ(今でこそラーメンブームだが)。 有名人では、北九州・門司港…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ステーキ=サバの塩焼き」説

「ステーキ=サバの塩焼き」とは、誰かから聞いたり何かで読んだわけでなく、ニューヨークにいた時代、日ごろ思っていたことである。 牛肉は当然、日本に比べれば安いから、週に1度くらい土曜か日曜で、街(マンハッタン)に出ない日に自分で焼いて食べていた。アメリカ人の友人によれば、スーパーのあらかじめカットしてあるものより、ブッチャー(肉屋)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more