バード(ら)が見た日本

『日本奥地紀行』(高梨健吉訳、平凡社)の著者イザベラ・バード(1831-1904)が西洋の女性として世界で初めて、外国人がほとんど訪れたことのない日本の東北地方や蝦夷地(北海道)を従者の日本人青年と二人で旅したのは1878(明治11)年のこと。彼女が満47歳になる少し前だった。 まだこの本(元は母国に住む妹宛ての手紙で、巧みなイラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラディ・ダーウィン、太陽族vs憂鬱族

返却前の本より。期限をとうに過ぎ、ろくに読んでないまま返却する前にぱらっとめくると――。 『ブラディ・ダーウィン もうひとつのパール・ハーバー』はオーストラリア人による本の翻訳。ここでのダーウィンは同国北部の港湾都市で、表題は邦題が示すように、日本軍が1942年2月19日、この都市を空襲したことを指す。 日本から見た同国は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2つの移民会社

少し前に読んだ本に出てきた日本近代の2つの移民会社が頭の中で一つになっていた。 榎本武揚が創業し、曲折を経て現在もあるのが「南洋貿易株式会社」。 大正時代に設立された国策殖民会社が「海外興行株式会社」。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『三島由紀夫全文献目録』

先日買った安藤武『三島由紀夫全文献目録』(夏目書房、2000)。450ページ余りのうち、先に目を通した2つ目の章「三島関係単行本」120ページほどに次いで、最初の「新聞・雑誌・他」260ページほどをめくり、目を通した。他に「書簡」「古書」と章立てられ、最後に年譜と後書きがある。著者は三島研究家の間では有名なのだろうが、ウィキっても載って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三島由紀夫から遠く離れて

金曜の夜、佐藤秀明『日本の作家100人 三島由紀夫 人と文学』(勉誠出版、2006)を買った。以前に同じ三島由紀夫論コーナーで見かけた同じ著者による分厚い三島研究書を買うつもりだったが、それが見当たらず、この一般向け作家評伝シリーズの1冊を買った。 著者には30数年前、1970年代末頃に何度か会ったことがあり、名前を覚えていた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史の「表層」と「深層」

自分なりに今後の余生で追究するテーマを絞ろうとすると、「歴史」ということになりそうだが、これがすこぶる多様で広大だ。元々、比較的近い分野だった近代日本の歴史や思想史だけでも相当な分厚さの先人の蓄積がある。 一昨日買った文庫本の1冊がフェルナン・ブローデル『歴史入門』(中公文庫)。ブローデルは、マルクス主義や唯物史観がかつての力を失…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

移民を出した日本4:海に国境なし

平得栄三さんは1924年、沖縄県与那国島生まれで、取材の1996年当時73歳。台湾南部の世界有数の港湾都市、高雄の中心街から少し離れた所に住んでいた。 今でこそ1人だが、兄弟全員6人とも台湾で働いていた。その頃、台湾は日本だった。 中学を出て漁師になったが、台湾の花蓮で入隊。本島の沖縄戦があまりに凄まじく、向かうのを断念。戦場を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本は移民を送り出す国だった3

ミクロネシアへの旅に出たとき、著者の橋口氏には「特にあてはなかったがどの島にも、必ず戦争と関係のある日本人が居るという確信めいたものはあった」。 1996年の取材時72歳だった秋永正子さんは1925年、3人姉妹の末っ子としてポナペで生まれた。お父さんが日本人で、お母さんはポナペの酋長の娘だった。20歳で終戦になり家族5人で日本に引…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本は移民を送り出す国だった2

1998年の取材・撮影当時71歳だった佐藤仁さんという男性は、ロシアのカンスクという、カザフスタンに近い中央シベリアの町に住んでいた。北海道に生まれ育ったが、12歳の時、一家で樺太に渡った。その頃の樺太には40万人余りの日本人や多くの朝鮮半島出身者が住んでいた。18歳で終戦。引き揚げ命令の対象は子どもと女性に限られた(成年男子は貴重な労…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本は移民を送り出す国だった

橋口譲二『ひとりの記憶 海の向こうの戦争と生き抜いた人たち』(文藝春秋、2016)の感想を記しておきたい。 この本は写真家である著者が1994年から2000年にかけて訪れた世界各地で生き抜いてきた日本人86人から10人を選び、取材インタビューや著者のコメントを文章にしたもの。各国に多くの日本人がいた中で、会う人を選ぶ基準は唯一、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つぶやき集:寺島実郎講演資料

2016年04月11日06:00 1カ月前の寺島実郎氏の講演会資料120ページに目を通した。後半は岩波「世界」への連載の一部転載。寺島氏を採用、育成、活用、提供する三井(物産)グループの懐の深さを感じる。(04月09日) コメント GandhiGanjee 1947年生まれの寺島氏は、1968-69年の頃は早稲田キャン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソメイヨシノ革命

日本の桜を代表する品種ソメイヨシノが、江戸時代末期、染井村(今の東京駒込の染井墓地の辺り)の植木屋が発祥だということは、今や半ば常識のはずだが、朝日新聞土曜版の記事でその「革命性」にはっとさせられた。 この記事は佐藤俊樹『桜が創った「日本」』(岩波新書)を踏まえる。この書は「ソメイヨシノの出現を境にして、桜とは何か、桜を見るとは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柑橘類つぶやき

日記が減った分、つぶやきが増え、そのうち柑橘類関連が何割か占めている。さかのぼると、かれこれ1カ月も柑橘類についてつぶやいている。 ********** 西郷隆盛が愛した、という八百屋のキャッチコピーに乗せられて買った文旦を食べてみた。赤みのない黄色で果皮が分厚い。酸味も甘みもほんのり。(3月21) イイネ! (3)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寺島実郎と世界認識

先日、寺島氏の講演を聞きに行った。TBSの『サンデーモーニング』やテレ朝の『報道ステーション』での限られた時間と制約での断片的なコメントを拝聴するが、今回は2時間以上ぶっ続けでのレクチャーを聞いた。講演後の懇親会では、何代か前の日銀総裁を見かけた。 渡された資料集のタイトルが「時代認識と提言」(2016年 春号)、120ページ余り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「昭和」の写真

半ば写真集的なものと思っていた『ひとりの記憶』がそうでなかったので、同時に2冊の写真集を買った。 『写真家が捉えた 昭和の子ども』(2014)と『米軍が見た東京1945秋』(2015)。 前者は昭和11(1936)年から昭和51(1976)年までの、19人の写真家が日本の子供たちを撮ったモノクロ写真170点。写真を見なが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ひとりの記憶』

朝日の書評を読んで興味を抱き、昨夜買ったのが橋口譲二『ひとりの記憶 海の向こうの戦争と、生き抜いた人たち』(文藝春秋、2016年1月)。 著者が写真家であることから、この本も半ば写真集的な構成を期待していたが、違った。戦争を機に海外に住むようになり、そのまま日本に帰らず、周りに他の日本人がいないような僻地で生きてきた日本人の老人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カレーは偉大だ

カレーほど懐の深い偉大な料理は少ないのではないか。 かつて40年以上前、自炊を始めたころは、カレーでさえ料理の本を見ながら作った。 ただ経験から学んだことは、まず「それだけで十分に美味い野菜スープを作り、その中にカレールーを割って入れれば美味いカレーが完成する」ということだった。 さて今、わざわざ手間をかけて美味いカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カレーは偉大だ

カレーほど懐の深い偉大な料理は少ないのではないか。 かつて40年以上前、自炊を始めたころは、カレーでさえ料理の本を見ながら作った。 ただ経験から学んだことは、まず「それだけで十分に美味い野菜スープを作り、その中にカレールーを割って入れれば美味いカレーが完成する」ということだった。 さて今、わざわざ手間をかけて美味いカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津島祐子って

2月23日付の朝日新聞に柄谷行人の「津島祐子さんを悼む」という文が載っていた。津島祐子については太宰治の娘であることを含め昔から知っていたが、作品はほとんど読んだことがなく、今月18日に肺がんで亡くなったことも知らなかった。68歳だった。 柄谷の追悼文から引く。 <日本では知られていないが、津島祐子はノーベル文学賞の有力な候…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テレビvs小津安二郎と母親

同じ紙面からばかり引用するのも能がないのでためらっていたが、やはり気になるので記録しておくことにする。ここ数日の紙面全体を通じて、注意を引かれた記事が同じページに集中していたのだ。 b3下段「ことばの食感『日本語のはにかみ』」という、文体について多数の著作がある中村明・早稲田大名誉教授のエッセーで、内容は映画監督・小津安二郎の実生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more