政治とカネ:甘利編

写真家兼物書き・藤原新也のサイトを見てみると、意外にも甘利大臣辞任騒ぎについて書いていた。さらに内容は以下のように、自民党実力者か保守系政治評論家に近いような見方なので、反権力の一匹狼というイメージ(恐らく実際もそうだろう)にしては意外の観があった。

以下のように甘利氏の辞任は「政治資産の喪失」なのか、それともTPPにしても官僚がいるから、大臣であろうと政治家個人の存在意義はそれほどでもないのか。

<2016/01/29(Fri)
甘利経済産業大臣辞任に関する寸評(Catwalkより)。

甘利経済産業大臣が能力のある人物かどうかは別として彼の辞任は世界経済のパワーポリティクスにおける日本の立場を弱体化させるという意味で大きなマイナスであることは言うまでもない。

とくにTPP交渉におけるこれまでの積み重ねと、なによりもそれに付随する人間関係が絶たれることの損失は日本経済の損失に繋がる。

後任のお坊ちゃん石原伸晃ではアメリカに対峙するには脆弱にすぎる。

こういった政治的損失が敵対勢力にかかわる政治ゴロの仕掛けによってもたらされたとするなら下品なヤクザの抗争に似た政争によって日本の政治はいっこうに前に進まないという馬鹿げたことになる。

小沢一郎が政治資金問題に関する嘘のでっち上げによって彼の政治生命が絶たれたように、この馬鹿げた政争と落とし入れの罠によって能力のある人材、あるいは政治資産が失われるというのはニッポン政治の宿命のようなものであり、日本が未だに未開国家並みであることを表しており、今後もこの重箱の隅を突くような週刊誌ノリの政争は延々と続き、日本沈没に拍車をかけるだろう。

そういう意味でどのみち政治資金というのは裏で大きな金が動いているのだから、規制をゆるやかにする方がよほど理に叶っていると言える。>

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック