「笑って死にたい」

とは、今テレビから聞いたばかりのイチローの言葉。

家で仕事をしながら、PCから離れ、付けっぱなしにしていたTVを見ると、イチローをテーマしたNHK番組が最後にさしかかっていた。マイクを向けられたイチローの長い沈黙の後に放たれたのである。(見ていた全国の数千万人が衝撃を受けたのでは)

その言葉の前には、「今、野球選手としての『死』が近づいているのは確かなわけで…」と語り、その後に長い沈黙があった。聞いている者が固唾を呑んでいた中で放たれたのが、「笑って死にたい」だった。

長く頂点にあり続けたトップアスリートのみが味わう、「選手としての死」=引退に向かいつつある境地。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック