よど号をめぐる数々のドラマ

TV朝日、鳥越俊太郎の『ザ・スクープ』で扱われたのは、今から40年前、1970年春の日航機ハイジャック事件だった。

この番組で明らかになったのは、「福岡空港から北朝鮮の平壌空港へ向かったよど号からの緊急通報を韓国のKCIAが聞き、平壌の管制官になりすまして誘導し、ソウルの金浦空港に着陸させた」ということ。

その無線を交信したKCIAの当人が出演して証言した(韓国の公式文書では、よど号の石田機長がすべて単独で行ったことになっている)。

金浦空港では、身代わりに当時の山村新治郎運輸政務次官が人質になって、福岡では解放されなかった残りの乗客全員が解放された。その後、よど号は犯人たちの要求どおり平壌へ行った。これで山村氏は国民的ヒーローになった。

その山村氏をウィキってみると、精神に異常をきたしていた自分の次女に殺されたという。かなり前に亡くなったと思っていたが、死因については認識していなかった。

また、石田機長は、事件で有名になったために愛人がいたことが報道され、JALの退職を余儀なくされた。(この番組で扱われたわけではないが)




「よど号」事件122時間の真実
河出書房新社
久能 靖

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「よど号」事件122時間の真実 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック