テーマ:日本人

移民を出した日本4:海に国境なし

平得栄三さんは1924年、沖縄県与那国島生まれで、取材の1996年当時73歳。台湾南部の世界有数の港湾都市、高雄の中心街から少し離れた所に住んでいた。 今でこそ1人だが、兄弟全員6人とも台湾で働いていた。その頃、台湾は日本だった。 中学を出て漁師になったが、台湾の花蓮で入隊。本島の沖縄戦があまりに凄まじく、向かうのを断念。戦場を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本は移民を送り出す国だった3

ミクロネシアへの旅に出たとき、著者の橋口氏には「特にあてはなかったがどの島にも、必ず戦争と関係のある日本人が居るという確信めいたものはあった」。 1996年の取材時72歳だった秋永正子さんは1925年、3人姉妹の末っ子としてポナペで生まれた。お父さんが日本人で、お母さんはポナペの酋長の娘だった。20歳で終戦になり家族5人で日本に引…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本は移民を送り出す国だった2

1998年の取材・撮影当時71歳だった佐藤仁さんという男性は、ロシアのカンスクという、カザフスタンに近い中央シベリアの町に住んでいた。北海道に生まれ育ったが、12歳の時、一家で樺太に渡った。その頃の樺太には40万人余りの日本人や多くの朝鮮半島出身者が住んでいた。18歳で終戦。引き揚げ命令の対象は子どもと女性に限られた(成年男子は貴重な労…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ひとりの記憶』

朝日の書評を読んで興味を抱き、昨夜買ったのが橋口譲二『ひとりの記憶 海の向こうの戦争と、生き抜いた人たち』(文藝春秋、2016年1月)。 著者が写真家であることから、この本も半ば写真集的な構成を期待していたが、違った。戦争を機に海外に住むようになり、そのまま日本に帰らず、周りに他の日本人がいないような僻地で生きてきた日本人の老人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テレビvs小津安二郎と母親

同じ紙面からばかり引用するのも能がないのでためらっていたが、やはり気になるので記録しておくことにする。ここ数日の紙面全体を通じて、注意を引かれた記事が同じページに集中していたのだ。 b3下段「ことばの食感『日本語のはにかみ』」という、文体について多数の著作がある中村明・早稲田大名誉教授のエッセーで、内容は映画監督・小津安二郎の実生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊良部の自死

急死の伊良部さん、自殺と断定 : スポーツ : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://t.co/Ave1LVP via @yomiuri_online 野球選手としての栄光(いいピッチャーだった!)、引退後の挫折…そして自殺。 野球を取ったら何も残らなかったのか
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妖精としてのバレリーナ

佐々木涼子『バレエの歴史』によれば、 「バレリーナという言葉がどこよりもしっかり根づいているのはアメリカ、そして他でもないここ日本ではないだろうか。(中略) 日本語の“バレリーナ”には“バレエ”という単語の響きがそのまま包み込まれて、語源の“バレエ”以上に夢を誘う。日本の少女たちは、実はバレエをしたいというよりバレリーナにな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

祝・復活!松井秀喜

■復活!松井秀喜、6年ぶり週間MVPに (読売新聞 - 07月26日 07:24) http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1684266&media_id=20 イチローとともに年齢による力の衰えかと思えていただけに、まずは復活して良かった。 この好調が持続することを祈る。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチローが英語ペラペラだったら…

この仮定が現実になれば(日常生活レベルでなく、記者やカメラの前で)、「アメリカ人の日本人へのイメージ」もかなり変わったろうに! せめて、中田英寿のイタリア語くらいしゃべれたら…。 イチローは、新人王で首位打者でMVP。メジャーデビュー以来、毎年200安打を記録。84年ぶりにシーズン最多安打の大リーグ記録を破ったし、サッカーで言…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日本人と抽象的思考――ある記憶

11日に書いた「詩人としてしか生きられない」へのmixi上でのある方のコメントを読んで、思い出しました。 「日本人は抽象的思考・論理が苦手だ」といったことを、ニューヨーク在住時代に、ノルウェー人のマルグレーテという女性(ブロンドですらりとした長身の美女で、日本に1年ほど住んだことがあるとのこと)に言われたことを。 若い頃…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ふり返る日本人

混み合った電車などで、人にぶつかっても「すみません」の一言も言わない人が結構いる。少々ムカッとしながら、ニューヨークではほぼ100%の人がとっさにExcuse me.と発していたことを思い出して、日本人のマナーがなってないと慨嘆したくなることがある。 しかしこれは、マナーの問題というよりも、人と人の空間の確保が重要かつ「可能」な欧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本と切れている」日本人ニューヨーカー

「自立と孤独感がニューヨーカーの持ち味…」とは、表現がかっこいい。言い方を換えれば、周りにいた日本人男性の中で、「ニューヨーカー」として挙げた人たちの共通点は、「日本に帰っても戻る場所がないこと」とも言えるだろう。――これは日系企業の駐在員との、最大の違いである。大なり小なり「日本と切れている」のである。 ところで、昨日の記事では…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ニューヨーカー」になりきる日本人女性vsなれない男性

ニューヨーク在住時代、勤めていた日本語学校の入っているオフィスが、ミッドタウンの中心、五番街ウエストの43丁目と44丁目の間にある、小さなビルの5階にあった。窓際に行くと五番街を歩く人々が見える。 東洋人の女性は、スーツなど仕事着にスニーカーをはいて足早に歩くので、チャイニーズかコリアンか他のアジアの国の出身か、それとも日本人なの…
トラックバック:440
コメント:1

続きを読むread more