テーマ:東日本大震災

3月11日:「帰宅困難者」体験

午後2時46分の最初の大きな揺れ、引き続く余震に、神田と大手町の中間にあるビルで遭遇。 表に出ると、余震で大小のビルが大きく揺れているのを、多くの人々とともに見ていた。 仕事を打ち切り、早めに帰宅を決定した(ヘルメットをかぶり、防災用品のリュックサックを背負って)が、結果的には「帰宅困難者」の一人になった。 夜ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more