テーマ:経済

仁義なき戦い:立ち食いそば屋編

最寄り駅駅前の立ち食いそば屋が閉店していた。 今年1月から隣の地下鉄駅を利用するようになり、毎日前を通らなくなったので気づくのが遅れたが、店を閉じたのは早くて1か月前くらいか。つい最近まで営業していたと思う。買い物などのためによく前を通っていたから、閉じたのはほんの数日前ないし1週間前くらいかもしれない。 閉店の理由は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界通貨の統一

「いっそのこと、貨幣だけでも世界中で統一してはどうか?」と、マイミクの方のつぶやきにコメントしているうちに思った。 クライアント企業の3Q決算説明会を聞いたが、円安のため為替差損を計上。 すでに9割を海外で生産している。 経済学者や国連、世銀、IMFなど国際機関は、各国政府に提案しないのか。 経済の素養不足で、仮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早くも円安が庶民を直撃!

――という見出しのような言葉が浮かんだのは、今日の昼。 仕事場近くの弁当屋に行ったら、350円だった各種弁当が380円に。 貼り紙には「原材料価格の高騰のため、1月よりに30円値上げさせていただきます。」と書かれていた…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

資本主義と「資本主義者」

資本主義には「共産主義者」のような存在やイデオローグがいない、というマイミクの方のつぶやきに反応しているうちに思ったこと。 資本主義に考察をめぐらすなんて暇人(か、コミュニストか、学者)のやること。そんな暇があったら、むしろ「資本家」になれるように努めるのが、「キャピタリスト」のやるべきことだろう。 (さて、これから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃棄コスト:台車、ピアノ、鉄骨ビル

市のクリーンセンター(粗大ゴミ回収の第三セクターか何か)によれば、粗大ごみか思っていた台車(カート)は、別の専門業者でないと引き取ってくれないという。 紹介された1社に聞くと、1台の回収料金が3000円!もするという。高さ180センチの箪笥でも1200円だったので、ミニマムの300円かと思っていたのだが。 何故ただの台車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

500円ジーンズ

一年中履いているジーンズの膝に穴が開き、新しいのを買いに行った。 男性カジュアルウエア売り場の一番手前には、EDWINやWRANGLERなど昔からのブランドが「値引き対象外です」の札とともにあった(履いていたのはLEVI STRAUSS)。そこに並んでいたのは、一番安くて3980円。 中へ入っていくと、そこかしこに20%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マックの閉鎖

先日、最寄り駅近くのマクドナルドが閉鎖した。「29年間のご愛顧有難うございました。」と掲示されていた。 以前のニュースで、「黒字でもグレードアップできない店舗は閉鎖する」と読んだことがあったから、これなのだ!と思った(この店舗自体の経営状況は知らないが…)。 僕自身は特別マックファンではない。また、29年も現住所に住んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本経済再生のカギ2

前回日記の3『事業再生と敗者復活』(2004年刊)から抜き書き、抜粋すると――。 ・経済的理由による自殺などの悲劇は、遺書など明白な証拠による見かけの件数以外にも多数ある。 ・大メディアや自民党政府が、発表してきた「不良債権処理」や「不況脱出」は大企業しか見ておらず、銀行も大企業を優遇してきた。 ・納税額を増やす事業再生…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

日本経済再生のカギ

最近読んだ本より。 1『在日コリアンの胸の内』(辛淑玉) 2『貧困ビジネス』(門倉貴史) 3『事業再生と敗者復活』(八木宏之) 1の著者・辛淑玉(しん・すご)さんは、テレビにも出ている在日韓国籍三世の女性。サブタイトルの「日本人にも韓国人にもわからない」が示すように、出くわしてきたさまざまな誤解や偏見に対する反論や本音を語っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当か?

以下は田中宇氏のメールニュースより。日本では報じられなかったイタリアでのニュース。  対米従属一本槍のわが日本だけは、無策のままかと思いきや、そうでもない かもしれないと思える事件が報じられた。イタリアG8財務相会議の5日前に あたる6月3日、イタリア北部のミラノからスイスに向かう列車の国境検問で、 2人の日本人男性がスーツ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『資本主義崩壊の首謀者たち』

という本を読んだ。広瀬隆著、集英社新書。 以前、概略を引用、紹介した神谷秀樹(みたにひでき)『強欲資本主義 ウォール街の自爆』が、同じウォール街の投資銀行家として身近で見てきたインサイダーとしての「証言」という観が強かったのに対して、この本は時間と空間のスパンが広い。何しろ、かつて大著『赤い楯』で、「ユダヤ貴族」の王者ロスチャイル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融危機の発生源「ウォール街の強欲」

「今日の儲けは僕のもの、明日の損は君のもの」とは、文春新書『強欲資本主義 ウォール街の自爆』にあったフレーズである。この本は、最近読んだ中で一番ビンビン来た本である。 著者の神谷(みたに)秀樹氏は現在までウォール街で20数年働いているだけあって、如実な描写で現在の国際的金融危機の発生源となった張本人たちを批判している。以下に引用な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本はすでに投資立国!

大手信託銀行の個人投資家向け株主通信の連載「経済教室」第一回の記事で知った。 日本の経常収支の黒字で最大の構成要素は、もう何年も前から、海外投資による利益が貿易収支を上回って第一位だという。 このため、「GNP(国民総生産)はGDP(国内総生産)を上回っている」という。日本は、物を作って海外に売るよりも、海外への投資で儲ける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「支出税」のすすめ

『人にいえない仕事はなぜ儲かるのか?』(角川、門倉貴史、2006年)という新書を読んだ。 「地下経済」が専門という著者だけあって、さまざまな違法ビジネスなどが紹介されている。また、有名なプロ野球選手や芸能人の実際の稼ぎと長者番付(個人情報保護のため廃止された)が一致しないのはなぜか、などが説明されている。 ある程度は知られて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more