テーマ:和製英語

サクランボとアメリカンチェリー

アメリカンチェリー: 毎年、この時期になると出回っている。日本のサクランボが明るい赤、ないし黄色っぽいのに対し、赤黒い。アメリカからの輸入品だから、日本ではこう呼ばれている和製英語。ニューヨークにいた頃は、安かったから、たくさん食べた。 辞書を引くとbing cherryとあったが、初めて見聞きする言葉。アメリカでは、チェリーと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カタカナ語&標準語とのバイ方言

以下はmixi和製英語コミュに書いたものの再録。 ****** 「ノマド」もそうですが、現代日本語では、海外文物のうち主に欧米由来、アジアでも中国=漢字圏以外の言葉は、元の綴りないし読みをカタカナにすれば自動的に新語が誕生します。 このカタカナの用法っていつ頃に始まったのか、気になってきました。 勘で言うと大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カタカナ語の功績:ユーミン、村上龍、田中康夫、俵万智

1970年代前半から半ばのユーミンが歌詞の中で、高速道路を「フリーウェイ」と呼んだ(大げさに言えば)言葉の錬金術、口紅でもリップスティックでもなく「ルージュ」と書き、また姑を「あの人のママ」と呼んでしまう、言葉の選び方や言い換えの中に、個性と同時代の半歩先を行って聞き手をリードする、トレンドセッター的なセンスがあったと、今にして改めて思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中央フリーウェイ

深夜に帰宅し、NHKをつけていると、今井美樹がカバーして歌っている「中央フリーウェイ」が聞こえてきた。♪中央フリーウェ~イと、さびの部分を今井美樹が歌うと、妙に甘ったるい声で、僕には少し気持ち悪かった。 そして、この曲の題は「和製英語の傑作では」と思った。 有料の高速道路「中央自動車道」のことを「フリーウェイ」と名づけてしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリプタ:穴蔵と暗号

クリプタ●●セントソフィア: ●●は、漢字2文字の地名。 何かといえば、新しくできた「納骨堂、室内霊園」。先日、ポストにリーフレットが入っていた。 「青山アートグレイス大聖堂」という、(キリスト教とは無縁の)結婚式場とよく似たネーミングである。 「●●納骨堂」や「室内霊園●●」では、意味は初見でもよくわかるが、広告コピー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more