テーマ:価値

コストパフォーマンス:天そば編

昨年末からなぜか「天ぷらそばを食べたい」欲求が持続していて、平均して二日に一回くらい食べている。 立ち食い(と言っても、最近は椅子のあるところが多い)だと掻き揚げが載っているのが380円くらい。海老天が1本載っているのを、ある「富士そば」で400円で食べたが、チェーンでないあるスタンドのそば屋では500円だったので掻き揚げにした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲とやくざ、賭博

大相撲名古屋場所が、大勢の力士の出場辞退や、部外者の理事長代行、NHK中継取りやめなどという多くの異例の条件付きで初日を迎えた。 「一時しのぎの緊急避難で、偽善的」という観が否めない。 昼のテレビで、元関脇・巨砲が、「興行や切符の売りさばきなど、大相撲は、もともと暴力団との付き合いの根が深いから、これを完全になくすのは難しい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ゴールライン上のハンド!!

今回、これまで(後2試合を残す)のFIFAワールドカップの試合で見た中で最も印象に残ったのが、準々決勝でのこの極め付きの反則プレーである(ガーナ対ウルグアイという、日本人にも、世界的に見てもマイナーな対戦で、ニュースで知り、リプレーでしか見ていないが)。 「ワールドカップで勝つためなら何でもやる!!」。この気迫(気魄というか)が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小林秀雄の悪口

先日、生前の小林秀雄を目撃したことを思い出したついでに、最近読んだ小林への二つの悪口を思い出した。 一つは朝日新聞の日曜版に、筒井康隆が長々と連載している自伝の中で。小林が、何だったか、大江健三郎の作品の冒頭だけ読んで、読むのをやめたというのを知って、その作品がいかに壮大な想像力の物語に発展するか想像できなかったのか、と批判した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良い生き方とは?

この問いに、誰にも当てはまる「正解」などありえない、とは思っている。 人によって、時代によって、宗教や国や社会等々…によって、さまざまな答えがありうるとは思う。学問で言えば、倫理学や哲学が、この問いへの答えを見つけようとするのだろう。 ただ、なぜか僕の意識に、30数年もずっと引っかかっていることがある。恐らく高校の漢文の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more