テーマ:植物

ソメイヨシノ革命

日本の桜を代表する品種ソメイヨシノが、江戸時代末期、染井村(今の東京駒込の染井墓地の辺り)の植木屋が発祥だということは、今や半ば常識のはずだが、朝日新聞土曜版の記事でその「革命性」にはっとさせられた。 この記事は佐藤俊樹『桜が創った「日本」』(岩波新書)を踏まえる。この書は「ソメイヨシノの出現を境にして、桜とは何か、桜を見るとは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more