「一人AKB」だった頃の聖子

3度目の結婚がニュースになった松田聖子の人気が、30年前のアイドル絶頂期の頃いかに凄かったか、若い世代に伝えようとしているうちに浮かんだのが、「一人AKB」という言葉だった。

「一人でAKBグループ全員87人だかに相当する人気があった」ような気がしたので。

改めて調べていないが、キャンディーズはすでに解散、ピンクレディーは国民的人気があったが、若者よりも子供に人気があった気がする。松田聖子は、同時代のアイドルに比べて、声もきれいで、歌がうまいし、曲も良かった。「ぶりっ子、嘘泣き」など批判もあったが。

松田聖子の再々婚話で妻や恋人の本音見抜く方法を作家が伝授
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2051261&media_id=125

"「一人AKB」だった頃の聖子" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント