バード(ら)が見た日本

『日本奥地紀行』(高梨健吉訳、平凡社)の著者イザベラ・バード(1831-1904)が西洋の女性として世界で初めて、外国人がほとんど訪れたことのない日本の東北地方や蝦夷地(北海道)を従者の日本人青年と二人で旅したのは1878(明治11)年のこと。彼女が満47歳になる少し前だった。 まだこの本(元は母国に住む妹宛ての手紙で、巧みなイラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more