歴史の「表層」と「深層」

自分なりに今後の余生で追究するテーマを絞ろうとすると、「歴史」ということになりそうだが、これがすこぶる多様で広大だ。元々、比較的近い分野だった近代日本の歴史や思想史だけでも相当な分厚さの先人の蓄積がある。 一昨日買った文庫本の1冊がフェルナン・ブローデル『歴史入門』(中公文庫)。ブローデルは、マルクス主義や唯物史観がかつての力を失…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

移民を出した日本4:海に国境なし

平得栄三さんは1924年、沖縄県与那国島生まれで、取材の1996年当時73歳。台湾南部の世界有数の港湾都市、高雄の中心街から少し離れた所に住んでいた。 今でこそ1人だが、兄弟全員6人とも台湾で働いていた。その頃、台湾は日本だった。 中学を出て漁師になったが、台湾の花蓮で入隊。本島の沖縄戦があまりに凄まじく、向かうのを断念。戦場を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本は移民を送り出す国だった3

ミクロネシアへの旅に出たとき、著者の橋口氏には「特にあてはなかったがどの島にも、必ず戦争と関係のある日本人が居るという確信めいたものはあった」。 1996年の取材時72歳だった秋永正子さんは1925年、3人姉妹の末っ子としてポナペで生まれた。お父さんが日本人で、お母さんはポナペの酋長の娘だった。20歳で終戦になり家族5人で日本に引…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本は移民を送り出す国だった2

1998年の取材・撮影当時71歳だった佐藤仁さんという男性は、ロシアのカンスクという、カザフスタンに近い中央シベリアの町に住んでいた。北海道に生まれ育ったが、12歳の時、一家で樺太に渡った。その頃の樺太には40万人余りの日本人や多くの朝鮮半島出身者が住んでいた。18歳で終戦。引き揚げ命令の対象は子どもと女性に限られた(成年男子は貴重な労…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本は移民を送り出す国だった

橋口譲二『ひとりの記憶 海の向こうの戦争と生き抜いた人たち』(文藝春秋、2016)の感想を記しておきたい。 この本は写真家である著者が1994年から2000年にかけて訪れた世界各地で生き抜いてきた日本人86人から10人を選び、取材インタビューや著者のコメントを文章にしたもの。各国に多くの日本人がいた中で、会う人を選ぶ基準は唯一、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つぶやき集:寺島実郎講演資料

2016年04月11日06:00 1カ月前の寺島実郎氏の講演会資料120ページに目を通した。後半は岩波「世界」への連載の一部転載。寺島氏を採用、育成、活用、提供する三井(物産)グループの懐の深さを感じる。(04月09日) コメント GandhiGanjee 1947年生まれの寺島氏は、1968-69年の頃は早稲田キャン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more