津島祐子って

2月23日付の朝日新聞に柄谷行人の「津島祐子さんを悼む」という文が載っていた。津島祐子については太宰治の娘であることを含め昔から知っていたが、作品はほとんど読んだことがなく、今月18日に肺がんで亡くなったことも知らなかった。68歳だった。

柄谷の追悼文から引く。

<日本では知られていないが、津島祐子はノーベル文学賞の有力な候補者であった。それに最もふさわしい多様な作品を書き、国際的な活動をしていた。もう少し長生きすれば、受賞していたであろうから残念である。>

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック