ジブリと柳田國男

先日、横浜(神奈川近代文学館)でやっている「生誕140年 柳田國男展」に行った。そこでスタジオジブリの鈴木プロデューサーを見かけた(話しかけなかったが)。宮崎駿は見かけなかったが、すでに来たか、これからか。

宮崎駿が民俗学や人類学に多くのものを負っていることは間違いないだろう。「遠野物語」の幻想譚にも親近感を覚えたか。

(つぶやきに書きそうなメモだが、日記は見出し付きで残る)。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック