ラグビー日本代表

に対する僕の関心は、今まで一度も日記に書かなかったが、日本人の平均値よりは高かった。

HCエディー・ジョーンズの経歴・人となりと、その日本代表チームへのトレーニングについてのNHKの番組を見たり、ワールドカップの目標を「ベスト8」と「大言壮語」していたので、ずっと注目していて、南アフリカとの緒戦が気になっていた。

そして、その歴史的番狂わせは、テレビのニュースやウェブや新聞報道でなく、テレビで試合の後半からリアルタイムで見て、試合終了間際の鮮やかな劇的逆転トライを目撃できた。

エディー・ジャパンを見た感想・教訓は、エディーがそうしたように、自分(日本代表チーム)を知り、世界の強豪を知り、知り尽くした上で対策を立て実行し、一つ一つの小さな目標をクリアしていけば、南アフリカなどの強豪を倒すこともできるということ。

日本バスケットのトップを務める川渕元Jリーグチェアマンが言うように、ラグビーに比べて「サッカーは甘い!」(選手も、監督も)。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック