蘭学の影響か?

先月、江戸東京博物館での「城」がテーマの展示を見たときに思ったこと。

大きな見世物的な展示物はなく(実寸大の天守閣を展示するわけには行かないだろう)、やや地味だった感あり。

城の改修の図面などが多かったが、そのかなりのものが現代の建築図面と変わりなかった印象。城の図面も蘭学の輸入知識によっていたのか? 素人なのでわからず。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック