男子サッカー日本代表に欲しいもの

いつものように辛口コメントのセルジオ越後は、フットサル日本代表のエースがこのシンガポールとの試合に出ていれば3点はゴールしていたろう、と言っていた。

相手チームが全員引いて、ゴール前にスペースがなく、縦パスが通らなくなった時の攻め方もモノにしていないと、ワールドカップ(予選)で勝てるチームにはならない。

素人の僕でも見ていて思ったのは、キーパーの動きが良いならそれに対応するべきではないかということ。いつものように何となくアバウトで、ボールが来たらただ(1、2の3のタイミングで)蹴るのでなく、最後にシュートを打つ前に一瞬キーパーの反応を見てフェイントを掛け逆方向に蹴る、といった「一ランク上のプレー」が欲しかった。世界の一流ストライカーならやっていたのでは。日本にはそこまでの選手はいなかった。少なくともこの試合ではできなかった。

FW6人でも0点 入らない23シュート
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=8&from=diary&id=3470432

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック