JUDO(柔道)とJUJUTSU(柔術)

柔道と柔術から出た英語。
「柔道」がオリンピックの正式種目である世界的にメジャーなスポーツであるのに対し、今の日本で「柔術」といえば「グレイシー柔術(ブラジリアン柔術)」という格闘技が有名。

『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』の著者は、その中で、明治から戦前にかけてのブラジルでは、講道館柔道出身の前田光世以外にも、もっと無名な、古流の柔術家たちが活躍し、その技を広めていたことを明らかにしている。また、ヨーロッパでは、「jujutsu柔術」という言葉のほうがjudoよりも先に定着していて、江戸時代にオランダ人などが日本での見聞を伝えたことに由来するだろうという。

柔道は、明治になって講道館の創設者、嘉納治五郎が柔術を基に作ったもの。江戸時代には存在しなかったのだから、柔術jujutsuのほうが先に広まったのは、オランダとの関係を考えてみれば当然ではある。

――以上は、mixiの「和製英語」コミュに書いたのと同じ内容です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック