世界人口が70億人突破

今朝のNHKのニュースによれば、今日、世界全体の人口が70億人を突破する見通しで、今日生まれた赤ちゃんは、すべて70億人目として扱われるという。

「世界人口」をウィキってみると、1960~70年頃は30~40億だった。種としての人類の繁殖のすさましさに改めて驚く。

そこで思い出したのが、「人口爆発」という言葉。いつから言われ始めたのかは知らないが、1970年代にはよく目にしたり耳にしたと思うが、今はほとんど聞かない。危惧されたほどには食糧危機や資源不足が、今までのところ深刻化しなかった、ということか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック