終戦直後の日本経済

今年の厚生労働白書の一節(「第2次世界大戦後の復興と生活困窮者対策」)より。

<戦災により都市住宅の3分の1を焼失し、日本全体では、工場や建物、家具・家財など実物資産の4分の1を失った…。>

戦前期と比較して、一人当たり実質個人消費も、一人当たり実質国民総生産も、60%前後。

1945年11月の復員および失業者数の推計は1342万人で、全労働力の30-40%に当たる。加えて、同11月には連合国総司令部(GHQ)の軍人恩給停止命令が発せられ、生活困窮者が増大した…。

近年の世界では、アフガニスタンやイラク、リビアなどが似た状況だろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック