祝「非世襲」総理! 田中角栄以来?

久しぶりの「非世襲的」総理大臣誕生に、ずいぶん毛色は違うが、田中角栄を連想した。

高等小学校卒で就任時、「今太閤」などと言われた、良くも悪くも自民党全盛期の政治家の典型だった田中角栄(もう一方の典型は官僚出身者)。

直近は、安倍、福田、麻生、鳩山と、父か祖父が総理だった。その前の小泉も三代目の世襲議員だった。今ウィキペディアで見ても、角栄より後の総理では、自民党の奇策でなった社会党の村山なんて例外もあったが、歴代総理はほぼ世襲政治家か、官僚出身者である。

菅直人は、市川房枝支援のボランティアから始め、社民連という弱小政党からスタート。衆参で3度落選を重ねた末、やっと議員になった(もう30年前になる)。そのことを知らないか、忘れている日本人が多すぎる気がする。

年金未納や女性問題など「ハメられた」感のある挫折を経験。ついに総理になったが、真価が問われるのはこれからである。できるかどうかわからないのに、相手に受ける言葉を発してしまう、前首相のような一国の総理として「軽すぎる」言動だけは慎むとは思うが。




総理戦争〈上巻〉?田中角栄から小泉まで (新風舎文庫)
新風舎
大下 英治

ユーザレビュー:
あのころの総理大臣を ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

総理戦争〈下巻〉?田中角栄から小泉まで (新風舎文庫)
新風舎
大下 英治

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

激録!総理への道?戦後宰相列伝 田中角栄から森喜朗まで (講談社文庫)
講談社
大下 英治

ユーザレビュー:
政治の裏側情報満載田 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック